RB1オデッセイを中古車で購入!燃費とカーライフを公開するブログ

RB1オデッセイにETCを取り付ける

オデッセイにETCを移植する

僕は高速道路を利用することが比較的多いので、高速道路1,000円などで世間に大きく広まる前に既に購入し、その恩恵を受けてきました。
もう十分、車載器とセットアップ代金の元はとったかなというくらい使っています。

そんな僕がマーチに付けていたETCを取り外し、オデッセイに移植したので、その方法をまとめておきます。

ETCの設置場所はどこがいい?

装着したETCは、パナソニックのCY-ET900KD。
結構古い機種なんですが、料金所で通信して通過するだけというETCの役割を考えれば、特に最新機種にする必要はないと思うので流用することにしました。

余談ですが、Panasonicのアンテナ分離型ETCが気に入ってます。
スピーカーがアンテナと一体なので、音声が聞こえやすく、さらに本体の取付位置の自由度で優位性があるからです。
他のメーカー製品には本体にスピーカーが内蔵されているものもあるので、そうすると自ずと設置場所が制限されてしまいます。

要するに、パナソニックのようにアンテナにスピーカーがついたタイプであれば、常識の範囲内でならどこにつけてもいいということですね。

で、僕の場合は取り付け場所を色々悩みましたが、結局ここに付けました。
IMG_0519

ちょっと分かりづらいかもしれないですけど、灰皿下の小物入れがあるところです。
このスペース、他に使い道がなかったのでここに決めたんですが、取り付けてから数年経った今でも我ながらベストな位置にセッティングしたなあと思います(^^)

見た目のスマートさと、機能性を両立!

何と言っても、収まりがいいです。
クルマはスマートに見えるのが好みなので、本当に気に入ってます。
もちろん、使い勝手も問題ないですよ。

運転席に座ったまま、身体を動かすことなくカードの出し入れができます。
もしこれが、グローブボックスとかだと、手が届きにくかったりするかなと。

この場所に取り付けるには、ちょっと加工が必要ですけど、やるだけの価値はあったと思います。

参考までに、次のページで取り付けた時の写真と一緒に説明していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です