RB1オデッセイを中古車で購入!燃費とカーライフを公開するブログ

待望の納車とちょっとした走行レビュー

待ちに待った、オデッセイ納車の日。
前の晩は、まるで遠足前日の子供のようにソワソワして寝付きが悪かったのを今でも覚えています。
いくつになっても、納車前の独特のワクワク感っていいものですね(^ ^)

マーチとお別れ、よろしくオデッセイ!

まずは朝イチで、自宅からすぐのところにある買取専門店へマーチを引渡しに行きます。
7年間、大きなトラブルもなく動いてくれた感謝の気持ちと共に引渡しを終え、売却金額16万円を受け取ります。

その足で電車に乗り、オデッセイを買った中古車店へ。
担当さんが駅まで迎えにきてくれてお店へ。
こうして支払いも済ませ、点検等に関する簡単な説明を受けて晴れて納車。
早速オデッセイに乗り込み帰宅の途につきます。

まずはガソリンを満タンにしよう。

このガソリン高騰の時代にレギュラー仕様なのがありがたいですね。
僕がスタンドでバイトしていた90年代前半には、レギュラーは100円を切っていましたからね。
もうあんな時代は来ないんでしょうね。

オデッセイ初乗りインプレッション!

話を戻して、オデッセイ初乗りの感想。

さすがに排気量2.4リッターだけあって、実用トルクは十分です。
CVTの恩恵もあって、加速はかなりスムーズ!

Dレンジのシフトレバーを右に倒せば、7速でのマニュアルモードでの走行も可能。
シーケンシャルタイプのレバーを上に倒せばシフトアップ。
下に倒せばシフトダウンです。
話は変わりますが僕は結構これを多用していて、数百m先の信号が赤に変わった時などにエンジンブレーキとして活用しています。

話をレビューに戻します。

さすがに車重があるので、軽快に走るという感じではありませんが、街乗りであれば必要十分な加速性能です。
どっちかというと軽快っていうよりは重厚感のある感じの走りですね。

僕の購入したオデッセイはMっていうグレードなんですが、より力強い走りを求めるのであれば、やはりアブソルートを選択するのが賢明かもしれません。

次回は高速道路での走行についてレビューする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です