RB1オデッセイを中古車で購入!燃費とカーライフを公開するブログ

ヘッドライトのレンズをリフレッシュ!

オデッセイのヘッドライトをよく見てみると?

クルマが古ぼけて見えるワケ。
それは各部のくすみなどによる劣化が原因のことが多いです。

くすみと言えば、とかくボンネットやドアなどボディパネルを想像する人も多いと思いますが、意外と見落としがちなのが、黄ばんだりくすんでいるヘッドライトのレンズです。

ひと昔前、レンズがガラスで出来ていた頃はそうでもなかったんですけど、オデッセイを含む樹脂製のレンズが主流になってきた今は、けっこうな車種でレンズの黄ばみやくすみが見られます。
多分、街ゆくクルマの何割かはヘッドライトがくすんでいると思います。

そんな現在のクルマが採用している樹脂製ヘッドライトは、ポリカーボネートという材質で出来ていて、その上にコーティング施工されているパターンが多いです。
そして、そのコーティングが紫外線などによって劣化し、黄ばみやくすみの原因になっていきます。

そして、僕のオデッセイも例外ではありませんでした。

headlight_01
写真では少し分かりにくいんですが、ところどころにくすみが発生していました。

このくすみがクルマを古く見せていると思ったので、今年の年明け早々にリフレッシュさせた結果、パッと見の印象がガラリと変わったのでシェアします。

まずはいきなり施工後の写真です。

headlight_02

わかりますかね?
ツヤが増した印象が。

で、この写真よりも実物の方がキレイになったなーという実感です。
クルマが引き締まって、見事に見た目の雰囲気が変わりました。

使用したコーティングシステムと手順

では、いよいよレビューいきます!

使ったのはコレ。
リンダというブランドのヘッドライトコーティングシステムです。
headlight_03

2液で構成されていて、使い方も至って簡単。
ただしコーティング剤は水分を嫌うので、雨が降りそうな日は作業しない方が無難です。

以下、作業工程。

headlight_041
headlight_04
液剤がボディに付かないように、ヘッドライト廻りをマスキングしたら、1液めをプラスチック手袋をハメた手に適量とります。

headlight_05
それをヘッドライトレンズに塗っていくと、みるみる内に白かった液剤がカフェオレみたいな黄土色に変色してきます。
それだけ汚れが浮いてきたってことですね。
headlight_06

この時、あまり強くこすらなくても普通にヌリヌリする感じで大丈夫です。

ちなみに、この1液め。
けっこうな石油系のニオイがするので換気は十分に行なった方がいいと思います。

汚れが浮いてきたら濡れたタオルやウエスで液剤を拭き取っていきます。

拭き取りは何度か拭かないと、白くスジが残る感じですね。
オデッセイのキレイな顔つきを夢見て頑張りましょう(笑)

こうして拭き取りが終わったら、少し時間を置いてレンズを十分に乾燥させます。
2液目のコーティング剤が水分と反応して固まる性質上、余分な水気を嫌うためだそうです。

乾いたら、ティッシュペーパーなどに2液目を少量つけてヘッドライトレンズに塗り込んでいきます。
headlight_07

この時、液量が多すぎるとレンズに細かい気泡が発生して、仕上がりが悪くなるので要注意です。
少量を伸ばす感じでいいと思います。

さっきも書いたように、ガラス系のコーティング剤なので、塗り終わったら水が掛からないよう注意します。
また、あまりにもキレイになったからと言って、すぐに触れるのもNG

触りたい気持ちを抑え込んで耐えて、十分に乾いてから存分にツヤツヤ感を満喫して完了です。

近くで見ても十分にキレイですけど、何気なく遠めに見た時にキレイさがより実感できます。

コンビニを出てクルマに戻る時などに、「おお!キレイ」ってなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です