RB1オデッセイを中古車で購入!燃費とカーライフを公開するブログ

中古車情報サイトを使うメリット

効率の良い中古車の探し方」のページでは、忙しい毎日の中で効率的に中古車を探すならネットがオススメだと書きました。
それについて、僕の考えるメリットとデメリットを挙げてみます。
merit

中古車情報誌とネットを比べてみる

コンビニでも買える中古車情報誌。ついパラパラと見たくなりますよね。
この雑誌とネットのクルマ探しについて、効率的に探すという観点から比較してみます。

1.目的のクルマを探せるスピードが違う!

cap_carsensor中古車情報の雑誌といえばカーセンサーとかGooが有名ですけど、目次やインデックスを頼りにあの膨大なページ数のなかから希望のクルマを探すのって意外と大変です。

掲載ページに辿り着いた後も、小さな写真がたくさん並ぶ情報の中から1台ずつ見つけていくのも、実際面倒ですよね。

これがネットなら大きな写真が様々な角度で見られるし、例えばオデッセイを探すなら「○○県で修復歴なし、メーカー系販売店に限定して走行距離5万Km以下で100万円以下」など条件をどんどん絞り込んでいけるんですね。

1台ずつ探していく雑誌とは逆に、ネットは多い方から条件で絞り込んでいくイメージで、当然こちらの方が厳選された情報だけが残ることになります。
つまり、ある程度条件に合った情報の中から絞り込んでいくので、さらに希望に近いクルマに早く到達できます。

この効率の差はかなり大きいと思ってます。

2.見積りもネットでできる

Laptop僕にとってはキーレスとHIDが付いた禁煙車が絶対条件だったんですが、サイト上だけでは判断できない場合でも、中古車検索サイトなら簡単にメールで問い合わせができるので、電話代や見にいく手間などが掛からないのが良かったです。

サイトの中で、希望の条件で絞り込んでいって分からないことはメールで問い合わせ。
これだけで、平日はサラリーマンとして夜遅くまで働く僕にも的を絞って中古車を探すことができました。

問い合わせた結果、条件に合った車があれば諸費用まで含めた見積りもネットで依頼できます。

そうそう。
諸費用を含んだ総額は、事前に見積りもらった方がいいですよ。

車検が切れていたりすると、車両本体とは別に多額の費用が掛かるので。

クルマの諸費用ってわかりづらくて、予想外に高くて予算オーバーなんてこともあります。
条件に合ったクルマが見つかったら、サイトから正式な見積りを依頼すれば、諸費用も含めて総額が分かるので活用しない手はありません。

このように、「ネットで絞込み→見積り依頼→条件が合えば商談に行く」っていう流れ一番効率良く中古車を探す方法なんじゃないかなと思います。

3.情報の新鮮度

紙媒体の情報誌だと、ネットのように情報がすぐに反映されることは期待できません。
印刷や製本、輸送などの工程が加わるので、ウェブサイトに掛かる工程と比べれば、差は歴然です。

なので、雑誌よりもネットの情報の方が新しいと考えることができます。
一点ものの中古車では、基本的に早い者勝ちの世界です。

新鮮な情報を入手することで、程度の良いオデッセイを1台でも多く見つけることができます。

デメリット

ネットで中古車を探すにあたって、特にデメリットらしいデメリットは見つからなかったんですが、敢えて言えばこれですね。

「ネットに繋がっていないと検索できない」

最近ではスマホの所有率も上がってきて、自宅だけじゃなく外出時のちょっとした隙間時間などを使って検索できるので、大きなデメリットだとは考えていません。

そんなワケで、メリットとデメリットを挙げてみました。
これらを踏まえると現状、多くの人にとってネットでクルマ探しをするメリットは大きいと思います。

次のページでは、実際にネットでクルマ探しをするのに便利なサイトを紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です