RB1オデッセイを中古車で購入!燃費とカーライフを公開するブログ

道路事情で燃費はこれだけ変わる!

渋滞している道路で、燃費はどれだけ悪化?

fuel_meterこんにちは、管理人のKOHです。
燃費推移表の最新データを更新しました。

さて、今日はそんな燃費のお話です。
渋滞や道路状況によって燃費は変わるというのはよく聞きますし、道路がスムーズに流れている方が燃費がいいのは確かです。

じゃあ実際の所、どれくらい違うのか?っていうと、それを検証しているデータってあまり見掛けません。
それならば・・・ってことで、僕の燃費データをソースにして検証してみたいと思います。

検証と言っても、僕は理数系が全然ダメなので考え方自体が間違ってるかもしれません。
その時はそっと指摘して下さいw

実燃費データから分かる、道路状況の与える影響!

まずはこのグラフを見てみて下さい。
graph_4years

グラフ内の吹出しにもありますが、背景色の違いは転勤による通勤にかかる道路状況の違いを意味しています。
・ブルーの背景の時は信号の少ないバイパスがメインで25Km弱
・オレンジの背景の時は渋滞&信号だらけの国道がメインで30Km強

ブルー背景の頃は、時々12km/l程度の燃費が達成できていますが、オレンジ背景になってからは高水準の燃費がほとんど記録できていません。
実測値でも10Km/lを割ることが多く、僕の場合は道路状況によって燃費が約2.5Km/l悪化していることが分かります。
運転しているのはほぼ100%僕なので、運転方法による影響はありません。

道路状況が影響していると考えるのが妥当だと思います。

table_nenpi_201312あ、ちなみに転勤になったのはこの表の赤いラインの時です。
そこから下は渋滞だらけの状況です。(クリックで拡大できます)

これらのデータからも、渋滞や道路状況によって燃費が大きく変わるというのは明白です。

平均燃費はどれくらい違う?

じゃあ、転勤前と転勤後で平均燃費の変化を見てみます。
転勤前までの平均燃費は10.37Km/lです。

それが転勤後、渋滞の多い状況に変わってからは9.79Km/lです。
燃費のいい時も悪い時もあるわけですが、それらの条件を吸収してくれる平均燃費で見てみても、こうして差が出ているのが分かります。

ということで、現段階での結論としては・・・
道路状況や渋滞が燃費に与える影響は結構大きい!
と言えます。

燃費については、今後も様々な角度からアプローチしていきますので、お楽しみに!

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です