RB1オデッセイを中古車で購入!燃費とカーライフを公開するブログ

再度中古車店へ。そして契約

前回の記事で書いた中古車店での商談の数日後、そのお店の担当者さんからメールで詳細な見積もりが来ました。
そこには車検代金や登録に掛かる諸費用等が明記されていて、支払総額にかなり近い本見積です。
それを受けて次の休日、前回の訪問時に雨で確認できなかった外装のチェックとさらなる値段交渉のために再度中古車店を訪れることに。

中古車を買う前に外装はココを見る!

お店に着いてまずは外装の凹みや事故歴などをチェック。
見るべきポイントはざっとこんなところです。

  • ボディに対して正面から見るのではなく、斜めから透かすように見る→凹みなどを見つけやすくなる。
  • ボンネットを開けて、フェンダーを止めているボルトをチェック→ボルトの塗装が剥がれていたら、交換歴がある可能性も・・・。
  • ちょっと遠巻きに見て、全体的なバランスを見る→遠くで見ることで、近目ではわからなかったことが見つかる場合も・・・。

こんな感じでチェックして商談に突入します。
前回このお店での下取り金額(1万円)に唖然とした僕は、あらかじめ買取専門店で16万円という査定金額を受けて商談に臨みます。

ついにオデッセイ契約!そこに欠かせないモノとは?

そして、いくつかの条件交渉の結果、総支払額150万円で購入を決定!
ここにはもちろん、車検を受けるための費用や登録に係る諸経費を含んでいます。
なので、買取専門店でのマーチの査定額16万円を引けば、トータル134万円で買える計算になります。

ここがクルマを安く買うための重要なポイントのひとつだと思います。

仮にもし、この中古車店での査定額1万円という話を聞いただけで購入を決めていたら、支払額は149万円だったわけですから、実に15万円の差がついたことになります。
買取専門店の査定を受けるという、この「ひと手間」が15万円の差となって帰ってきたわけです。

とにもかくにも、こうしてオデッセイを契約した僕は、その足で買取専門店に向かい売却の契約も済ませました。
嬉しいことにオデッセイ納車までの期間、そのままマーチに乗ってていいとのコト。
通勤に毎日クルマを使用する僕としてはこれは有り難かったですね。

ということで、オデッセイを買う前には「今乗ってるクルマの下取り額と買取額の差を知っておいたほうがいいですよ」というお話でした。
では次回はオデッセイの納車についてのお話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です